じゃがいもマチルダ

北海道アグデパンケ農園のじゃがいもマチルダ。

秋の収穫したては、ホクホク。

それを、雪の下でじっくり寝かせます。

デンプンが糖に変わって、驚くほど甘く、なめらかに。

農薬も除草剤も使わないので、手間はかかります。

でも、安心。そして、美味しい。

じゃがいもマチルダとは?

「マチルダ」というのは、じゃがいもの品種の名前です。

スウェーデンからきた、珍しい品種。

ピンポン球前後の小粒な大きさ。ちょっとザラザラした皮。

じゃがいもくささがなく、しっとりしていて、煮くずれにくい。

北海道で農業をするにあたって、あらゆる種類のじゃがいもを食べましたが、私たちが惚れ込んだのが、このマチルダなんです。

ただ、収穫量が他の品種に比べると少ない。同じ面積で栽培しても、例えば、男爵いもに比べると三分の一程度しか採れないと言われています。

だから、儲からなくて、栽培する人が少ないんです。デパートなんかで、「幻のじゃがいも」とか「希少な」とか謳われているわけはそこにあります。

こんな風に食べてみてください

まずは、塩茹でしてそのまま。

バターをのせたり、塩を変えたり、味噌をのせたり、いろんな味を楽しんで。

煮くずれにくいので、煮物やシチュー・カレーにもあっています。カットせずそのままころんと。味しみなのに、くずれない。

我が家はスープに入れる時は、皮はむきません。たわしでゴシゴシ泥を落として、皮の汚れている部分と芽の部分だけを包丁で削ります。食べるときに、剥きたい人はむくし、皮も食べたい人はそのまま。

あと、絶対やってみて欲しいのが、マッシュポテト!なめらかさと甘さが際立ちます。

じゃがいもマチルダのお届け

時期

値段