ミニトマトアイコ

甘い、フルーツみたいなトマト。

北海道アグデパンケ農園の、ミニトマトアイコです。

美味しさの理由。

それは、何ヶ月も水をやらずに、水分を絞っていること。

北海道ならではの寒暖の差。

水は、名水と名高い、羊蹄山の湧き水。

どんな味なの?

ミニトマトアイコは、もともとフルーツっぽい味だと言われます。

その中でもアグデパンケ農園のアイコは、特別甘い。糖度はスイカ並み。

「トマト嫌いのはずの息子がパクパク食べた!」

「これは、サラダじゃなくて、デザートですね」

「息子が送ってくれました。なんでトマトなんてわざわざと思って、一口食べてびっくり。次は、自分で購入します」

こんなコメントいただきました。

こんな風に食べてみてください

まずは、そのままパクパク。冷やしても美味しいけれど、常温くらいが一番甘さを感じやすいですよ。

加熱しても、ぐっと甘さが増します。朝ごはんにおすすめは、食パンにチーズをのせて、半分に切ったアイコをのせてトースト。フライパンに、オリーブオイルをひいて、アイコを並べて軽く焼き、お塩をぱらり。カラメルのような香ばしさがやみつきに。

ミニトマトアイコのお届け

時期

料金

注文はこちらから